松岡茉優 安藤サクラに競争心

松岡茉優 安藤サクラに競争心
 女優の松岡茉優が、第10回TAMA映画賞の最優秀女優賞を受賞し、17日に東京・パルテノン多摩大ホールで行われた授賞式に登壇。同賞のもう一人の受賞者・安藤サクラに完敗を認めつつ、ライバル心を燃やした。

【写真】自分に厳しい…松岡茉優

 本年度最も心に残った女優を表彰する賞を、『勝手にふるえてろ』において「こじらせ型のヒロインに血を通わせ、強いシンパシーと共に観客の心を震わせるバイタリティーに圧倒させられた」と評価されて受賞した松岡。『万引き家族』『ちはやふる -結び-』『blank13』での演技も高く評価されており、松岡は「ありがとうございます」と感謝するも、「嬉しくてたまらないのですが、もし、最優秀賞が1名だったら、わたしは確実にここにはおりません。完全な2位だと思っています」と発言。というのも、『万引き家族』のラストシーンを観たリリー・フランキーが「安藤サクラはあのシーンだけで映画賞を8個獲れる」と言ったそうで、松岡は「そうだな。悔しいと思いました」と素直な気持ちを吐き出した。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 松岡茉優 安藤サクラに競争心

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る