寝屋川殺害 被告が土下座し涙

寝屋川殺害 被告が土下座し涙
 平成27年8月に大阪府寝屋川市の中学1年、平田奈津美さん=当時(13)=と同級生の星野凌斗(りょうと)さん=同(12)=が殺害された事件で、2人への殺人罪に問われた山田浩二被告(48)に対する裁判員裁判の初公判が1日、大阪地裁(浅香竜太裁判長)で始まった。

【画像】山田浩二被告

 開廷後、裁判長に証言台に進み出るよう促された山田被告は、証言台付近で突然、「ご遺族の人いますね?」などと発言。検察側の席に設けられたついたてに向かってしゃがみ込み、土下座をしながら涙を流し、「このたびは、経緯はどうであれ、死の結果を招いてしまい、申し訳ありませんでした」と続けた。

 裁判長がやめるよう再三注意したが、山田被告はさらに「本来ならご遺族の顔を見て謝罪すべきだが、遮蔽されているので、できません。声なら届くと思うので」などと述べた。

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 寝屋川殺害 被告が土下座し涙

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る