精度に課題 米で生徒SNS監視

精度に課題 米で生徒SNS監視
米国の高校で2018年2月に発生した銃乱射事件では、犯人が犯行前に不穏なメッセージをSNSに投稿していた。こうしたなか、生徒のSNSへの投稿を監視できるサーヴィスが注目されている。トラブルの兆候を事前にとらえて問題を防ぐ効果が期待されるというが、精度や誤検知のリスクといった課題も指摘される。

投稿の監視という事実は公表すべきか?

米国の新学期は9月から始まる。新しい先生に新しいバックパック、新しい恋のはじまり。そして、生徒がソーシャルメディアに投稿した内容を嗅ぎまわるアルゴリズムも本格的に動きだす。

ミシガン州バトルクリークにあるレイクヴュー学区を統括する教育長のブレイク・プレウィットが目覚めると、たいてい新規メールが20件ほど届いている。それらは、2018年に入って同学区が導入したソーシャルメディア監視システムから送られてくるものだ。

このシステムは、キーワードと機械学習アルゴリズムを使う。TwitterなどのSNSで公開されている投稿に争いや暴力をほのめかす言葉や画像があり、さらに学区やコミュニティをタグ付けしたり話題にしたりしているものが見つかると、警告メールで知らせてくる。

この数カ月間、さまざまな警告メールが届いている。例えば学区内のある学校の近くで、誘拐未遂事件が起きたことを知らせる警告メールが届いた。そのときプレウィットは、学校に設置されている防犯カメラが捜査の役に立つのではないかと考え、確認した。ある生徒の親族が服装規定についてのコメントを書き込んだことを知らせる警告メールが届いたときは、学区職員が親族に連絡をとった。

プレウィットは、こうした警告メールによって学区内の生徒4,000人と職員500人の安全が確保されていると話す。「万が一、誰かが誰かを脅すような投稿があった場合は、学校内で争いごとが起きる前に関係する家族に連絡し、生徒たちとともに対処できます」

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 主要 精度に課題 米で生徒SNS監視

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る